2008年07月28日

「好漢・天知茂シアター」終了しました

週末にザ・グリソムギャングにて「好漢・天知茂シアター」を開催いたしました。当日は、たくさんのお客さまに来ていただき大変ありがとうございました。実行委員会としても、全く初めてのイベント開催で何かと至らないところもあったかと思いますが、とりあえずは無事に終了まで漕ぎ着けることが出来てほっとしております。上映作品の 『南郷次郎探偵帳 影なき殺人者』 は、いかがでしたでしょうか。新東宝末期の予算も人員も不足している様子が垣間見える作品ですが、そんななかでの天知さんには少ない軽めの好漢役を見られる珍しい映画だったかなと思います。劇中にはロマンスカーが登場するので、そういう意味でも小田急沿線で上映することに意味があったかな・・・と(笑)。

ゲストの北町嘉朗さんには、打ち合わせ前の段階から積極的にトークの内容を考えて頂いておりまして、当日もほぼ北町さんの独擅場でたっぷりと話してもらいました。予告どおりに、ここでしか聞けない!だけでなく、北町さん提供のお写真・ご遺族からお借りした天知さんのご衣裳など、ここでしか見れない!というイベントにもなったかと思います。北町さんは、どちらかというと舞台の活動が中心の方ですので、映画関係だけでなく萬屋錦之介・美空ひばり・大川橋蔵・・・といったビッグネーム一座の裏話もたくさんご存知です。今回もほんの少しご披露頂きましたが、今後機会があればその辺をもっと聞かせて頂きたいなと、図々しくも思っています(個人的には橋蔵さんの真似がツボでした)。今回のトークおよび懇親会で北町ファンになっちゃったわ!という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。というか私がそうなんですが。お人柄の気さくさ・若さが素敵なのはもちろん、なんたって超お洒落さんなんですよ!

この度の「好漢・天知茂シアター」は小さなイベントではありましたが、本当にたくさんの方々のご協力・お気遣いにより成立に至らせることが出来ました。ネットの片隅ながらにお知らせするとともに、心底より感謝を申し上げます。今回の企画・開催は、未だ非社会人なうえ基本的に極度の人見知りで怠慢な性格の自分には、本当にもの凄く大きな経験となりました。

そもそも、この企画は天知仲間の皆さんとの雑談での「天知さんて没後大々的に顧みられてるんすかねー、裕次郎・ひばりや雷蔵なんかは今でもあれだけ・・・」といった話が発端でありました。今回の「好漢・天知茂シアター」がどのくらいの注目を集めることが出来たのかは、今ひとつ把握しきれいていませんが、今後もリアルタイムで天知さんの活躍をご存知の方々、または全く天知さんを知らないような私くらいの年代の方々にも、本当に一般ファンの草の根的な活動ながら、改めて俳優・天知茂の存在と魅力を少しでも伝えていくこと、または再発見してもらえることが出来れば良いなあと考えています。今は終ったばかりで正直燃え尽き感が激しいのですが、反省点や当日お客さんに書いていただいたアンケートなどを踏まえて次回の開催に繋げられればと思います・・・!
posted by かまた at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「好漢・天知茂シアター」本日・明日開催です

以前よりお知らせしております、好漢・天知茂シアター 『南郷次郎探偵帳 影なき殺人者』@ザ・グリソムギャングですが、開催がいよいよ今日・明日(26・27日)となりました!

先日に、27日のトークイベントのゲスト・北町嘉朗さんと事前にお会いして来たのですが、さすがは天知さんと長きに渡ってお仕事はもちろん最良のお話し相手でいらしたお方。イベント打ち合せの合い間に、映画やドラマでの天知さん像からは窺うことの出来ない、素の天知さんのあれこれを快活な口調で語って下さいました。当日も同様に、ここでしか聞けない!というお話がたくさん登場するかと思いますので、ご来場の皆様どうぞご期待下さい。本日26日は上映のみですが、特別にご予約の必要ありませんので、映画は興味あるんだけどトークまでだとちょいと敷居が・・・という方はぜひぜひお越し下さいませ。

スケジュールなど詳細はこちらから↓


ちなみに当方、かまたも今日・明日ともに最初から最後まで現場でうろうろしています。
posted by かまた at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

新東宝作品の廉価DVD

ご存知の方も多いかと思いますが、この半年の間にケー・アイ・コーポレーションから新東宝作品が続々と廉価DVDとして発売されております。今のところ、その中での天知さん出演作品は3つ。

『青春ジャズ娘』 監督:松林宗恵 (1953年)

『高島忠夫の坊ぼん罷り通る』 監督:近江俊郎 (1958年)

『稲妻奉行』 監督:山田達雄 (1958年)

『青春〜』 『高島〜』は購入してみました。『青春〜』の昨年ラピュタ阿佐ヶ谷で観たときのまとめはこちら。天知さんは台詞なしですが、とびきりの笑顔の披露は見逃せません。『高島〜』は、近江俊郎監督の脱力系コメディ。天知さんは、まさかの変装悪役であの名探偵の片鱗が既に・・・。
ちなみにDVDカバーにはちゃんと国際放映の文字があり正規の素材を使っていると思われ、画質等に問題は有りませんでした。シリーズごとにセット販売で出ていますが、ところによっては(多分駅売り等でも)バラで売られてます。『稲妻〜』も追々買おうっと。

(7月23日追記)
もう一つ出ておりました!

『桂小五郎と近藤勇 龍虎の決戦』 監督:並木鏡太郎 (1957年)
posted by かまた at 20:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

Genesis 1970-1975 予約開始

気付くのが少し遅れましたが、ついにHMVで予約が始まってました。
ジェネシスのSACDリマスター再発の最後の一箱、「1970-1975」。

HMVの商品ページ

収録アルバムは、「Trespass」「Nursery Cryme」「Foxtrot」「Selling England by the Pound」「The Lamb Lies Down on Broadway」の5タイトルとExtra Tracksで、それぞれがSACD/CDハイブリッド&DVDの2枚組。

箱の色は「1976−1982」は青、「1983−1997」は赤だったので、普通に行けば黄色か緑あたりになると予想。映像特典は何なのかなーとリストを確認してみたら、既に見たことあるのばっかりでした・・・。もう、ガブ在籍期の映像は出尽くしちゃってるのかしら。むしろ、Extra Tracksディスクに、1970年にBBCの番組用に録音したものの、長らくの間「消えた」と言われていたという「Genesis plays Jackson」テープの4曲が40年近い時を経て、このたび初オフィシャルCD収録というのが嬉しい。何はともあれ、オールタイムおよびピーガブ期のジェネシスファンのみならず、プログレファン垂涎のボックス。早めに予約しときましょう。

あと、ひさびさにピーガブのサイトを見てみたら、今月の5日に次男坊が誕生してたそうです。おめでとうございます。次は孫かな・・・。
posted by かまた at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

『再会の街で』の音楽

経済的・時間的な理由で、実に二ヶ月以上に渡って映画館に足を運んでいない状態です。その間に、なんとかビデオなどで観た映画はというと 『他人の顔』 『once ダブリンの街角で』 『チャックとラリー おかしな偽装結婚!?』 『死闘の伝説』 と、『仮面ライダー』 の数エピソードくらい(←映画じゃない)。『チャック〜』は、姉がアダム・サンドラーのファンなのでDVDスルーされてたものを新作で借りて見ました(笑)。

そして、もう一つアダム・サンドラー好きの姉がレンタルしてきたのが『再会の街で』(2007年/マーク・バインダー監督)でした。これは、本国での公開前からネットでスチールをチェックしていて、アダム・サンドラーのルックス(というか髪型)のあまりのボブ・ディランぽさに驚いていた作品でした。姉がこのDVDを観ている間、私は作業中だったのでチラチラとしか画面を見れず、後でちゃんと観ようと思っていたのも束の間さっさと返却されていました。また借り直すのも癪だなあというところですが、チラ見だけでも気になったところが結構あった映画でした。
なんと言っても音楽の選曲が70年代ロック中心で、当方の趣味どまんなか。特に、オープニングのアダム・サンドラーがニューヨークの通りを昼夜スクーターで走りぬける映像に流れるのがグレアム・ナッシュの"Simple Man"。おおピッタリすぎる!この曲が入っているナッシュのソロデビュー作「Songs for Beginners」は今まで自分が聴いたアルバムのなかでトップ20には入る超お気に入り盤ということもあり、こんな素敵な使われ方をされていてとても嬉しかったです。あと劇中の、レコード屋のシーンで、サンドラーがふと手に取り「ジャケットを見てよ、傑作を作ってやったって顔してるよ」と言われてるのがこのLPでした。YouTubeで探してみたら、ちょうどOPのみの動画がありました。早速リピートして見てしまいましたよ・・・。

 13秒目辺りから曲が始まります。

ちなみに、その「傑作を作ってやった顔」ってのはこのジャケット。

Graham Nash / Songs for Beginners (1971)

サンドラーの役は、911テロで妻子を亡くして現実を受け入れられず世の中から孤立しているという設定。彼がいじるiPodの画面にはジャクソン・ブラウンのアルバム画像(最近のライブ盤)が表示されていて、こういう人なら本当に聴いてそうだな・・・と説得力ありすぎでした。あと映画の原題 『Reign Over Me』 もザ・フーの曲名からいただいていて、映画のテーマソングでもあったようです。劇中で「四重人格」のLPが映るシーンもありました(ザ・フーといえば、こんど初単独来日公演があるんすね!彼らは高校のときに初期のベストを聴いてそのまま聴き進める訳でもなく、何故かピート・タウンゼントのソロ作LPを一枚持ってるだけなのですが、そのロックレジェンドさは重々承知しているので来日を横目で気にしてます)。
あと、姉の影響でアダム・サンドラーの出演作はだいぶ見ているのですが、彼にとってこの映画はかなりの新境地だったんじゃないでしょうか。脚本のせいもあるかと思いますが、喋り方や動作など精神的に危うそうな人を機用に演じていて、あーそうなるとこういう態度になるんだよなあとか、自分がリアルで見知っている人達を彷彿させるところがあって結構現実味がありました。キャストもなかなか豪華で、ドナルド・サザーランドはどこで出てくるのかと思ったら、後半に特別出演という感じでした。話の方は、どう決着がついたか知らないままだし、また借りてみた方がよさそうかなあ・・・。
posted by かまた at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | 更新情報をチェックする