2008年08月28日

お買い物日記

この1年ほどCDの購入は以前に比べて格段に減って、逆に聴かないものは売ってばかりでした。というのも、昨年から聴いている音楽がほぼ布施明というのが原因。でも、さすがに近頃は布施音源だけでは飽和状態になって来ていました。

しかし、その間にも新たに出会った音楽があり、欲しいCDもたまっていました。ということで昨日、新宿に用があるついでに、ここはいっちょ20枚位どーんとまとめ買いしてやるよ!と、勇んで出かけたのですが、いざお店で物色を始めてみると「中古でこの値段なら新品買った方が…」とか「いや、もっと欲しいのがあったような…」と貧乏性が炸裂して、結局買ったのは2枚だけでした。でも、ネットでは軒並み売り切れだったニッキー・ホプキンスの「夢見る人」が入手出来たのは良かった。このアルバム、前から雑誌でジャケットだけはよく見かけてたんだけど、今年になって初めてネットラジオで聴いた実物が、あまりにイカしてたもんで鼻血が出そうになったんですよ・・・。ちなみに、もう1枚は超スローペースで聴き進めてるニール・ヤング。

Nicky Hopkins / The Tin Man Was A Dreamer

Neil Young / Hawks & Doves

で、用事を済ませて夜中に家に帰ってきたものの、昼間に思う存分買い物が出来なかった鬱憤が晴れずに、結局ネットでたくさんCDを注文してしまいました。3年以上カートに入りっぱなしだったものなど、合計で12枚。ああー、スッキリした!!(で、多分そのうちにカードの請求を見てうなだれるという)

そういえば、ディスクユニオンの新宿プログレ館に立ち寄ったら、イエスのソロワークの分類に「Bankstatement」が置いてあったので、こっそりジェネシスのところに直しておきました。

んもう! バンクス違いだよ!

ピーター・バンクス 彼じゃなくて トニー・バンクス おれだよ、おれおれ


※本日の晩からしばらく旅行に行ってきます。9月1日以降にまた!
posted by かまた at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

松竹の女優たち@神保町シアター

春の木下惠介特集を最後に、自分好みの特集が続いているのにケチって行っていない神保町シアター。次の特集は前の大映に続いて「松竹の女優たち」だそうです。個人的に今年は観ている映画は松竹の比率が一番高いので、さらにそれを高めるには良さそう。しかし、なんと言っても見逃せないのは『霧子の運命』。あの、吉田輝雄が出ています!あと、おなじみですが『秋刀魚の味』ではトンカツおかわりしてます。『霧子〜』は未ソフト化なので、これだけは何としてでも行かねば。あとは、戦後篇1〜3の未ソフト化作品はどうにかお金を工面して観に行きたいなあ。
posted by かまた at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

布施情報・ライブ情報

お久しぶりです。長らく地元に帰省していまいたが、やっと戻ってきました。
帰省中は、昼間はテレビで西村晃期の『水戸黄門』の再放送を、夜は祖母の希望により持って行った東野英治郎期の『水戸黄門』DVDを祖母と揃って鑑賞というのを、ほぼ毎日。とんだ『水戸黄門』漬けな帰省でした。不思議なことに飽きないんだよなこれが。

さて、その間にもいろいろと趣味ニュースがあったのでメモがわりに列記。

まず布施明ネタ。
来月10日にJ-POPのカバー・アルバム「Ballade」が発売になります。このご時世、猫も杓子もカバーアルバム・・・布施タン、お前もか!ユニバーサルのページで曲目を見てみるとびっくりするくらいベタな選曲でした。個人的に、二大もういい加減うざいヒット曲な"桜"と"世界に一つだけの花"が入ってるのがちょっと萎え。でも、スピッツあたりは布施タンが歌うとどうなるのか想像がつかなくてちょっと楽しみです。注目はやはり"時の過ぎゆくままに"ですかね。ジュリーって!

同じくユニバーサルのサイトにはテレビ・ラジオの出演情報がたくさん載っていて、全部フォローするのが大変・・・と嬉しい悲鳴状態。なかでも、NHKの「名曲アルバム」で"Night and Day"が布施タンの歌唱で放送されるというのにはビックリです。演奏は東京フィルハーモニー交響楽団だから、「Something Jazzy」とは別音源の新録でしょうか?きゃー、楽しみ。それにしても、布施タンを起用するとは良い趣味。以前にイーグルスの"ホテル・カリフォルニア"を名曲として取り上げてた時にも思ったけど、この番組って結構粋なことをするのねえ。あと同サイトには載ってませんが、9月3日のNHK BS2「NHKアーカイブス 蔵出し劇場」の「テネシー・ワルツが忘れられない」にも出演している模様。1983年の布施タンです。

FUSE AKIRA LIVE 08-09は、10月26日@東京厚生年金会館しかチケット買っておらず。今年の秋は、他に出費が多そうなのでe+で得チケが出るのを期待するしかない。

次にライブ情報。
11月にジャクソン・ブラウン@人見記念講堂&厚生年金会館。前回の来日は行かずに後悔した覚えがあるので今回は!というところですが、未だにチケット情報が出ないのが不穏。

行ってみたいけど、行くにはお金も身分も追いつかないのが、ビリー・コブハム/テリー・ボジオ/パット・マステロット/トニー・レヴィン/アラン・ホールズワースというとんでもない面々@布施タン毎度のジャズライブでおなじみSTB139。自分は大してジャズロックはたくさん聴いてはいないのですが、クリムゾン/マハヴィシュヌ/ピーガブには馴染みがあるのでこのメンツにはかなり惹かれます。でも、ひよっこリスナーにはとても敷居が高いです・・・。あとクリムゾンつながりで、デヴィッド・クロスが来週(!)にディスク・ユニオン新宿プログレ館に顔を出すそうです。やじうまに行きたいところですが、あいにく来週末は東京に居らず。

来年1月にグレン・ティルブルックの来日公演が決定。ポリスやジェネシスの再結成は度々ここでネタにしてた一方でちっとも書いてませんでしたが、同時期のスクイーズの再結成も個人的には大ニュースでした。この3バンドはセットでファンの方も多いかと。グレンは昨年からはソロ活動と同時に英米で再結成ツアーをしていて、日本にも来ないかなと思ってましたが、今回もやはりソロでの来日みたいです。

ちなみに、既にチケット買ったぞー!なのは、11月のゴダイゴ@C.C.レモンホール。実は2月の公演に行こうかと思ってたのですが、当時はあまり詳しく聴いておらずスルーしたものの、間もなく本腰入れて聴き出して秋に初ライブ鑑賞。という、昨年の布施と全く同じパターンです。

別の話で・・・先日ネットをしながら布施タンを聴いていたところ、不意に姉が「マイ・ウェイの元のやつを聴きたい」と言い出したので、クロード・フランソワの原曲やらシナトラやらプレスリーやら各国語のカバーやらをYouTubeで一緒に見ていました。そして、ここはやはり英語詞をつけたポール・アンカの歌も見せとかなきゃと彼の動画を次々に見ていたら、9月に来日公演があるのを思い出してちょっと行きたくなってしまいました。そういや、この前カラオケでヤングな友人の前でお構いなしに♪死んでも君をはなさない〜 地獄の底までついてゆく〜、と"ダイアナ"の山下敬二郎バージョンを歌ってしまったり、静かなアンカブームが自分にやって来てるのかもこれは!?(でもチケ代高いから行かない)
posted by かまた at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

天知茂:上映情報などメモ

先月に開催した「好漢・天知茂シアター」の詳細レポートを、「トラウマの天知茂」のmamiさんがまとめて下さいました。ぜひご覧下さいませ。

上映情報。 シネマヴェーラ渋谷の特集「妄執、異形の人々V」にて 『女体渦巻島』 と 『大虐殺』 が上映されます。8月28日(木)は、ちょうどこの二作の二本立て。夢に出てきてうなされそうな陳雲竜(天知さん)の登場シーンと、超ロートーンの「月の砂漠」がセットでスクリーンで観れますよ!私は28日は予定上無理そうなので、24日の 『女体〜』 を 『電送人間』 リベンジと兼ねて観に行こうかなと思ってます。

もう一つ上映情報。ちょっと先ですけど、ラピュタ阿佐ヶ谷の「昭和の銀幕に輝くヒロイン 総集篇【1】」にて、9月28日から 『孤独の賭け』 アゲインの模様です。

あと、どうでもいいですけど自分の携帯電話の着信音を美女シリーズのテーマにしてみました。ついでに着信画像は、『赤いさそりの美女』 のニセ明智の顔面アップ。自分でやっといて着信時にビビってます。

posted by かまた at 11:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

Keaneの新曲がすごいことに!

イギリスに、キーンというギター/ベースレスのトリオバンドがいます。ピアノ基調のメロディアスな旋律や歌い上げ系なところは(a-haを髣髴とさせて)わりと自分のツボなんですが、ずっと聴いているにはちょっとサウンドが綺麗すぎてなあ・・・という印象の人達です。しかし、大ヒットした彼らの1stアルバム(2004年発売)の中でも、やはり"Somewhere Only We Know"は、2000年代が生んだ名曲の一つだと本気で思っているし、昨年のVH1 Rock HonorsではHonoreeのジェネシスの登場前に"That's All"をカバー演奏していたりで、ちょっと気に掛けてるバンドなんですが、10月に発売される彼らの3rdアルバム「Perfect Symmetry」に先駆けて、新曲の"Spiralling"がオフィシャルサイトからフリーダウンロード出来るようになっていたので、早速聴いてみました。

すると、この度かなりの方向転換がされているようでとてもビックリ!先述のような、個人的にネックだった綺麗目すぎるところを華麗に吹っ飛ばす、派手な80年代ファンク的なアレンジ。もしかしたら、ファンのなかには拒否反応を示す方も多いのではと思われるような極端な音ですが、パワー・ステーションとかボウイの「レッツ・ダンス」をさんざん聴き倒してきた当方にはまさしく大好物でした。ドラムをもっとバスッバスッ言わせるとか(ゲートリバーブ?)もっと派手でも良いくらいなんですけどね。いやあ、他の曲がどうなっているのかが、気になるところ。これは、アルバムも買ってしまうかもしれない・・・!

フリーダウンロードは、8月11日午前11時(現地時間)までとのことなので気になる方はお早めに。MySpaceでも聴けます。
あと、ビジュアルもだいぶ変わってました。カラフルポップな幾何学系。



デビューの頃は、うちの姉がボーカルの人のことを「デブの子役」と形容していたっけなあ。
posted by かまた at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする