2008年11月28日

Genesis 1970‐1975

滞っております。

さて、待望のピーター・ガブリエル在籍期ジェネシスのボックスセットが今月の10日に発売されました。無事に発売日の翌日に予約していた物が到着しまして、その後じっくりと満喫中です。収録アルバムは「Trespass」「Nursery Cryme」「Foxtrot」「Selling England by the Pound」「The Lamb Lies Down on Broadway」と「Extra Tracks」。



ケースの色は予想通り緑でした。

この度のボックスシリーズは、リマスターにしてリミックス。音の配置や音量が変わったほか、別録音に差し替えてあったりエフェクトかけてあったりと、ものすごく音がいじってあるので、アルバム自体はさんざん聴いてきた物ながら、とても新鮮に聞くことが出来て楽しいです。今回のボックスはその度合が、最も強くなっていて要所要所で「そう来たか〜」とニヤニヤ。あと単純に音質も向上して音圧も効いているので、今まで霞がかかっていたようだった演奏がすごく生々しく感じられて感慨ひとしおでした。目玉だった「Genesis Plays Jackson」は、Nursery CrymeやThe Lambの曲の原型が次々登場して興味深かったです。このテープの誕生経緯ついては、ブックレットにピーターによる解説がありました。正式に歌ったつもりでない録音を使われてしまったらしくて「サウンドはいいけどボーカルトラックが酷い」とか、らしいことを仰ってます。

DVDの方は、インタビューは見ていませんが(どうせほとんど聞き取れないし)、おまけ映像は確認しました。収録映像は「Shepperton」「Bataclan」など既にブートでさんざん出回ってるものなので目新しくないものながら一応チェックしときました。その最中に傍らにいた姉が、ピーガブのルックスやアクションを見て「怖い!気持ち悪い!」を連発。こちらも「手作り感あるよね(衣装)」「運動しない人の動き方だよね(タンバリン叩き)」「ちょっとは客を気にしろよ(ガブ以外)」などツッコミを入れつつ、思わず全部鑑賞。うーん、何度見ても飽きません。
むしろ今ボックスの快挙だったのが、「The Lamb」DVDの曲再生時のスライドショー。難解と言われるこのコンセプトアルバムで、よくぞここまで歌詞の語句を逐一ビジュアル化してくれたもんです!途中で当時のツアーの断片的な映像や写真が入るのも嬉しい。それにしても、ジェネシスファンでLambを映画でもミュージカルでもなんでもいいから別の土俵でやってほしいと思ってる人は私だけではないと思うのだけど(実際当時ウィリアム・フリードキン監督で映画化という話はあったらしいが)(ついでに、フロイドとThe Whoを羨んだり)、それこそ映画一本分並の長さのスライドショーを通して見てみて、改めてお話としては抽象的かつ支離滅裂すぎてしんどいなあと痛感。ま、そこがこのアルバムの良いところで、Lambの語りつくせぬ魅力を生み出してる訳の一つであるわけで・・・。
「眩惑のブロードウェイ」は、このアルバムの邦題ですが、自分的には未だもって<眩惑の「眩惑のブロードウェイ」>という感じです。

それにしても、Lambだけディスク3枚組なので絵本型の厚紙ケースになっているのですが、ディスクがそこに直で入っていてゲンナリ。せっかくのボックスなんだから、紙ジャケみたいにビニールくらいつけようよ・・・(とりあえず空いてるプラケースに移しました)。あと、ライナーノーツは前の二つのボックスと異なり、アルバムごとに違う人が書いていました。そのなかで「Foxtrot」担当者の名が、Roger Taylorだったのですが・・・これってどっちのロジャー・テイラー!?(クイーンorデュラン)。文面では判断できなかったのですが、知ってる方いましたら教えてくださいませ。

これでジェネシスのスタジオアルバムのSACD化は終ったわけですが、次はライブアルバムやバンクス先生の1stのSACD話が既に公式に出ております。まだまだファンの楽しみは消えません。個人的には、それより先にSACD/5.1chの環境を作って今までのボックス(とピーガブのソロ)を聴き直すのが楽しみかなー。
貧しい故、いつのことになるやらだけど・・・。

3ボックス勢揃いの図。

端に違うバンドのボックスが見えますが、これも最近購入して嬉しかったのでつい。
posted by かまた at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

模様替え

というほどでもないのですが、慣れないスタイルシートをいじってみました。今後は、不思議ちゃんだった頃のピーター・ガブリエルが当ブログのトップを飾ります。ガブさんの奇怪な衣装は他にもたくさんありますが、やはりこの「A flower」がシンプルかつベスト。

ちなみに、ピーガブ期のジェネシスのSACDボックスは今週中には届くはず。あードキドキ。

→11月11日追記。届きました。
posted by かまた at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする