2009年01月30日

とりあえず近況です

年が明けても、相変わらず更新ペースがゆるゆるです。
それでもアクセス数を確認すると、毎日それなりの数の方にチェックを頂いてるようなので申し訳ない。せめて趣味の近況だけでも書きます。

今年の初映画鑑賞は1月16日。『わが生涯のかゞやける日』@神保町シアターでした。ヤワな恋愛ものかと思ってたら、色々とかなりガチな映画で面白かったです。森雅之、特にファンてわけでもないですが、あの色気に鑑賞後一日ずっとモヤモヤとした気分にさせられちまいました。

音楽の方だと、27日にデヴィッド・バーンのライブ@SHIBUYA-AXに行ってきました。心底素晴らしかったです。二日目も行きたかった〜。レポートはあとでじっくり書くつもり。

今月は単純に忙しかったので、正直この程度しか大きなネタがありません。歌舞伎の方は、別ブログに書いてしまったし。
あとは、色々とDVDを観直していたら、また吉田輝雄のネタ集め(雑誌とか)をしたくなって来たかなあ。近い内に調べ物ツアーをしたいです。

posted by かまた at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

布施明@府中の森芸術劇場 1月7日

チケットは前々から買っておいたものの年末からずっと慌しくて、こんな時に府中までゆっくり行ってる暇などないわー!というほどに切迫した状況だったのですが、ちゃっかり行ってきました。で、行っておいて本当に良かったです。

この会場は3月から改修工事に入るということで、今年は年始での公演になったそうです(by布施タン)。地元とあってか同級生など昔馴染みの方も多かったようで、客入りは大盛況でした。
さて年始とはいっても、内容は今期ツアーのものと何も変わってません。曲目は「Ballade」の連続3曲から"瞳をとじて"がなくなって、後半の最初に新たに昨年11月の韓国ソウル・ロッテホテル公演のときに覚えた"カジャーナ"?という曲をハングル歌詞で披露してくれました。日・英はもちろんイタリア、フランス、ハングルと着手する言語がたくさんで大変だねえ。典型的な爽やかバラードで、間奏にショパンの"別れの曲"が入ってる歌でした。歌詞といえば、本人も自嘲的に仰ってたように「歌いながら作詞」状態がぼちぼち。でも、もうファンはすっかり慣れちゃってるし、そうでない人にはまず気付かせない、っていう布施タンの技術もすごいっすよねー(褒めてんのか)。

布施タン曰く、11月にはぎっくり腰をやったり(え?)、ディナーショーなどで年末も忙しく疲れが抜けないとのことでしたが、歌の方は絶好調でした。席が一階後方で舞台上の方の表情はよく見えない位置だったのですが、歌声だけで「んもう!何この二枚目!色男!イケメン!」とメロメロでござんした。「Ballade」のウイスパー商法唱法も手馴れたようで、良い意味で力の抜けた穏やかな発声を全体に応用して来てるなあと思いました。その「Ballade」からの"ワインレッドの心""I LOVE YOU"も、もうすっかりお手の物。個人的には、アルバムの方はすごく気を使いながら歌ってるのが伝わってきて、聴いてる方まで若干緊張しちゃうのですが、ライブでは全然ゆっくり聴けるなあと。もちろん歌い上げポイントでは、圧倒的に力のある艶やかな声を聴かせてくれました。ほんとにびっくりするくらい。そろそろ"Time to Say Goodbye"はちゃんと録音してほしいなあ!

トークは色んな話題があって面白かったです。年始ということで紅白の裏話は楽しかったなあー、美川さんと同じ楽屋だったとか。でも、羞恥心の振り付けをチラっとやってから「羞恥心、嫌いじゃないですよ、体育会系って感じで・・・物を知りすぎてるのも良くないよね○○○○とか」・・・・・・って個人攻撃はやめてー!気持ちは分かるけど(爆)!それに比べると毎度の森進一および"おふくろさん"いじりは、だいぶ愛情が感じられるなと思いました。あと、前の厚生年金会館の花束タイムの時に、あまりに皆が布施タンに体調を気遣うコメントを寄せるのでご本人は「そんなもうすぐ死ぬみたいじゃ」とネタにしてたのですが。その流れなのか、メドレーの歌い始め直前に「ではこれから9曲歌いますので皆様・・・お体に気をつけて」と来たのには噴きました。
そうそう、お得意の語源ネタは、話すタイミングと長さを外すと、ライブの空気と流れがグダグダになるから気をつけたほうがいいよ!布施タン!

そして何より。布施タンから、しれっとニューアルバムのお知らせがありました。「Ballade」が、もうすぐ5万枚と予想を超える売れ行きということもあり、早くも第2弾をレコーディング中らしいです。次は女性アーティストの曲限定だそう・・・ってコレ完璧に徳永パターン!でも、布施タンは女性一人称の曲なんて腐るほど歌ってきてるから別に不安も違和感も何もないですよね。発売予定は4月とのこと(早っ)。曲目で判明したのは竹内まりやの"駅"だけでしたが、当の布施タンは「たった<2年>が昔なの?」とやっぱり歌詞内容の解釈にぶち当たってるご様子。仕上がりを楽しみにしております。あと、アルバムの制作スタッフが同年代の人が多いらしいそうで、この話題でアラウンド60のことをアラカンて言うことを初めて知りました。ありがとう布施タン。

posted by かまた at 05:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 布施明 | 更新情報をチェックする

2008年に観た映画

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
過ぎたことなど、もうさっぱりと忘れてしまったこともありますが、とりえあえず昨年の映画鑑賞状況についても振り返ってみたいと思います。

2008年の最初に観た映画は 『仁義なき戦い』 で、最後に観たのは大晦日でクレージーキャッツの 『無責任清水港』 でした。総鑑賞作品数は130本ポッキリ。その内、映画館でが52本。旧作がほとんどで、新作は試写会で観た 『インクレディブル・ハルク』 だけでした。そろそろ、趣味に映画鑑賞とか言っちゃうのがおこがましく感じられるな・・・。

印象に残った作品は、再見だけど 『スタフ王の野蛮な狩り』 @新文芸坐 。高校生の時にテレビで観て以来だったので、その間に「傑作」だと信じ込みすぎてたかも・・・と再鑑賞前には思ってたのですが、改めて傑作だと実感しました。序盤のいかにも怪しい土地と村人達の図は金田一っぽいねとか、真犯人とその末路にソビエト時代を感じる、とか新たな発見も有り。ソフト化しないのかなー、と調べてみたらロシア盤DVDが出てました。これは買わねば。



あと昨年の映画にまつわる思い出で、神保町シアターの木下恵介特集で 『喜びも悲しみも幾歳月』 を初見。上映中の2時間半以上に渡って場内がすすり泣きで溢れてたのが印象深かったです。題名通りに喜ばしいのと悲しいのとの泣き所がさざ波のようにやって来て止まらない仕組なんですよね。登場人物も泣いてばっかりだし。終映後に場内にいた20人ほどの観客を見たら、年齢層がそんなに高くなかったのも意外。半世紀を経ても観客の涙腺を脆くさせるこの映画の怪物っぽさを感じました。

気になった俳優は、前にも何べんも書いてしまったし往時の山本圭・・・になるのか。前年までに挙げた俳優さんは、どちらかというと並外れた濃さや渋さがツボ基準になってたけども、可愛さや若気のなんたらに注目してしまうようになったのは、やはり自分の年もそれなりになってきたのかなどと考えてしまいます。
posted by かまた at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする