2009年03月31日

引っ越しました

ブログではなく、リアルの方の引越しです。
限りなく東京に近い神奈川から、都内に引っ越しいたしました。
先程やっとADSLが使えるようになりまして、無事ネット復帰。
とはいえ、これまでの間も生活の方のあれこれで手一杯で趣味的なことを何もしてないので書くことは特になし。
posted by かまた at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

これだけは一言いっておきたいリリース情報

一ヶ月ぶりの投稿です。
年明けから、試験・教習所通い・引越し準備・趣味その他もろもろで、自分でも混乱するくらい忙しい状態が今日まで続いています(ちなみに、免許は無事取れました)。
いろいろ書くネタはあるのに、時間と体力がついていかず悔しい日々なので、とりあえずこれだけは自分的に見逃せん!というリリースを発売日順にまとめてみました。


布施明 / ゴールデン☆ベスト 布施明 Columbia Years


これは一ヶ月前に発売でしたが、私はちゃんと発売日に買いました。店頭で。
「布施明ベストコレクション20」の補足版的な一枚で、ついにコロムビア在籍時の全シングル両面曲のまとまった収録が叶いました。ジャケットの手抜き感は否めませんが、これは内容的にはマストです。コロムビアは、あとは『愛した女たちのために』とライブ盤二つをCD再発してくれれば文句なし。

Love Live Life +1 / Love Will Make A Better You

日本のプログレ史に燦然と輝くカルトな一枚。そのボーカルは布施明(Love Live Lifeが演奏で、+1=布施タン)。プログレッシャーにとっての布施タン、布施ファンにとってのプログレ。それぞれが、どのように受け取られているのかは不明ですが、布施ファン兼プログレ聴きの自分には奇跡なアルバム。と言っても、自分のプログレ趣味とはちょいズレてる音なんで、そんなに好んで聴いてないんですが布施タンのシャウトは絶品。
私は二度目のCD化の時のものを持っているのですが、このアルバムはちょっとしたレア盤扱いをされていて、中古市場ではCDは定価以上。LPは昨年ディスクユニオンで見かけたときは3.5万円くらいだった気がします。そんな中、3月6日にディスクユニオンの再発レーベルから紙ジャケにて再リリースされました。このレーベルは一端のミュージシャンなのに日本のロック研究に入れ込んじゃったジュリアン・コープの著書「Japrocksampler」に基づいたラインナップだそうです。このコープさんの本はだいぶ前から知ってはいたのですが、昨年夏に邦訳が出ていたのは知らなかった!こんど見てみよう。ちなみに、本国サイトの布施タンについての解説を読んでみると、「彼の日本の音楽への最良の貢献はこのアルバムでのリードシンガーとして」、ですってよ。さすがにそれはどうかな。

Pet Shop Boys / Yes

3年ぶりのニューアルバムです。昨日発売で、昨日きっちりと買ってきました。が、まだ聴いてません。

布施明 / BalladeII

4月8日発売。ぼちぼち曲目も発覚していて、やんわりと楽しみ。

Depeche Mode / Sounds of the Universe

このブログを始めたのが前のアルバムの発売の頃だったんで、あれからもうウン年か・・・と、ちょっと感慨深いデペッシュ・モードの新譜の国内盤は4月22日発売。1stシングル"Wrong"は、かなり重暗くてカッコイイ!PVもえげつない!他の曲も期待大です。

あと、ちょっと先ですがマニックスの新譜が5月発売。しばらく楽しみが続きますな・・・。

さて、明日は卒業式で、その後に実家にちょいと帰省してきます。PSBの新譜は新幹線の中で初聴になりそう。
posted by かまた at 02:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする