2009年08月17日

天知茂:『海よ俺らの歌に泣け』上映会お知らせ!


上映会のお知らせです!

先月の 『黒と赤の花びら』 に続き、来る8月27・28日に天知茂デビュー60周年企画第2弾上映会が行われます!今回の上映作品は 『海よ俺らの歌に泣け』(1961年)。新東宝末期のなかなか(というかまず)観れる機会のないレア作品です。会場は前回と同じく新橋・TCC試写室。今回は平日レイトショーです。お仕事・学校の帰りにでも、皆様ぜひぜひお越しくださいませ。私もガチで仕事帰りに2日間参加いたします。

☆上映の詳細・お申し込みは、花田さん(mamushi_brothers 「@」hotmail.co.jp ←アットマークは半角)へお願い致します。

以下、くわしい告知文です。
--------------------------------------------------
海よ俺らの歌に泣け
1961年/千代田映画製作、新東宝配給作品/モノクロ/75分

監督:田口哲
脚本:田代淳二、田口哲/撮影:柾木四平/音楽:吉野達弥
出演:白根一男 万里昌代 天知茂 左京未知子 今村原平

<イントロダクション>
天知茂デビュー60周年企画第2弾として1961年公開の『海よ俺らの歌に泣け』を上映!!
今回はTCC試写室での上映会では初の試みとして平日の夜にレイトショー上映します!!
『海よ俺らの歌に泣け』は国際放映にフィルムが現存しないとても珍しい作品で、内容の詳細についての情報も一切ありません。
正直言って当日上映してみて初めて内容がわかる出たとこ勝負ですが、名画座で上映される可能性がゼロなのでこの機会を逃すといつ観れるかわからない非常に珍しい作品ですので、是非ご来場ください!!

<上映スケジュール>
8月27日(木)
19:30 開場
20:00〜21:15 上映

8月28日(金)
20:30 開場
21:00〜22:15 上映

<会場>
新橋TCC試写室
住所:東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
HP:http://www.kokuei-tcc.co.jp/index.html
--------------------------------------------------

この作品の台本が、早稲田大学の演劇博物館にあるようなのですが、上映が決まった時には既に大学が夏休みで休館になってしまっていたため、内容が現状さっぱりつかめておりません。ワイズ出版の写真集「ニヒル 天知茂」に、かろうじて1枚載っているスチールを見ると、普通にアクション/サスペンス系かなとは思うのですが・・・(飽くまで個人の予想です)。

ともかく!天知茂ファン、新東宝ファン、珍しい映画に眼がない方、そして万里昌代ファンのそこのアナタ!ぜひこの機会をお見逃しなく!

posted by かまた at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

天知茂:映画/『黒と赤の花びら』

7月18・19日に、新橋のTCC試写室にて天知茂主演作 『黒と赤の花びら』(1962年・柴田吉太郎監督) の上映がありました。この作品の配給は、新東宝倒産後に分離・設立された大宝映画でして、『黒と赤の花びら』は大宝配給作のなかでも長らくフィルムの所在が不明だったもののひとつ。それがこの度、昨年の 「好漢・天知茂シアター」にご協力頂いたShimoshimoさんらのご企画 「発掘!幻の大宝映画」の第一弾上映として、お目にかかることが出来たのです。

内容は保険調査員役の天知さんが、同僚の海難事故死の裏に隠れた真相を、同僚の婚約者と共に探って行くというものでして、乗りとしては新東宝のラインシリーズに近い作品でした。天知さんは、特にキャラ立ちした役ではなかったのですが、いつも通りまじめにやっておられるなあという感じでした。他のキャストも、三原葉子・細川俊夫・大友純・丹波先生・扇町京子・・・と、いつもの面々がずらっと。三原さん(ダンサー役)の劇中での芸名がガガーリンてとこが一番の衝撃だったかも。
上映会当日は2日間とも定員超の客入りで大盛況。また、初日は俳優の北町嘉朗さん・天知さんのマネージャーでいらした堀地巌さん。2日目はトークゲストに、今作で助監督を勤めた山際永三監督がご来場。映画の上映後に、北町さんからは、天知さんの思い出話を含むご挨拶、山際監督には当時の新東宝の現場について興味深いお話を頂きました。

それにしても、事前に当ブログでもこの上映についてお知らせ出来れば良かったのですが、見ての通りの更新状態でしたので、大変申し訳なかったです。とにもかくにも、今回 『黒と赤の花びら』 を、大宝映画としてだけでなく「天知茂デビュー60周年&追悼企画」として上映頂いた皆様に大感謝であります。

posted by かまた at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

天知茂:上映情報などメモ

先月に開催した「好漢・天知茂シアター」の詳細レポートを、「トラウマの天知茂」のmamiさんがまとめて下さいました。ぜひご覧下さいませ。

上映情報。 シネマヴェーラ渋谷の特集「妄執、異形の人々V」にて 『女体渦巻島』 と 『大虐殺』 が上映されます。8月28日(木)は、ちょうどこの二作の二本立て。夢に出てきてうなされそうな陳雲竜(天知さん)の登場シーンと、超ロートーンの「月の砂漠」がセットでスクリーンで観れますよ!私は28日は予定上無理そうなので、24日の 『女体〜』 を 『電送人間』 リベンジと兼ねて観に行こうかなと思ってます。

もう一つ上映情報。ちょっと先ですけど、ラピュタ阿佐ヶ谷の「昭和の銀幕に輝くヒロイン 総集篇【1】」にて、9月28日から 『孤独の賭け』 アゲインの模様です。

あと、どうでもいいですけど自分の携帯電話の着信音を美女シリーズのテーマにしてみました。ついでに着信画像は、『赤いさそりの美女』 のニセ明智の顔面アップ。自分でやっといて着信時にビビってます。

posted by かまた at 11:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「好漢・天知茂シアター」終了しました

週末にザ・グリソムギャングにて「好漢・天知茂シアター」を開催いたしました。当日は、たくさんのお客さまに来ていただき大変ありがとうございました。実行委員会としても、全く初めてのイベント開催で何かと至らないところもあったかと思いますが、とりあえずは無事に終了まで漕ぎ着けることが出来てほっとしております。上映作品の 『南郷次郎探偵帳 影なき殺人者』 は、いかがでしたでしょうか。新東宝末期の予算も人員も不足している様子が垣間見える作品ですが、そんななかでの天知さんには少ない軽めの好漢役を見られる珍しい映画だったかなと思います。劇中にはロマンスカーが登場するので、そういう意味でも小田急沿線で上映することに意味があったかな・・・と(笑)。

ゲストの北町嘉朗さんには、打ち合わせ前の段階から積極的にトークの内容を考えて頂いておりまして、当日もほぼ北町さんの独擅場でたっぷりと話してもらいました。予告どおりに、ここでしか聞けない!だけでなく、北町さん提供のお写真・ご遺族からお借りした天知さんのご衣裳など、ここでしか見れない!というイベントにもなったかと思います。北町さんは、どちらかというと舞台の活動が中心の方ですので、映画関係だけでなく萬屋錦之介・美空ひばり・大川橋蔵・・・といったビッグネーム一座の裏話もたくさんご存知です。今回もほんの少しご披露頂きましたが、今後機会があればその辺をもっと聞かせて頂きたいなと、図々しくも思っています(個人的には橋蔵さんの真似がツボでした)。今回のトークおよび懇親会で北町ファンになっちゃったわ!という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。というか私がそうなんですが。お人柄の気さくさ・若さが素敵なのはもちろん、なんたって超お洒落さんなんですよ!

この度の「好漢・天知茂シアター」は小さなイベントではありましたが、本当にたくさんの方々のご協力・お気遣いにより成立に至らせることが出来ました。ネットの片隅ながらにお知らせするとともに、心底より感謝を申し上げます。今回の企画・開催は、未だ非社会人なうえ基本的に極度の人見知りで怠慢な性格の自分には、本当にもの凄く大きな経験となりました。

そもそも、この企画は天知仲間の皆さんとの雑談での「天知さんて没後大々的に顧みられてるんすかねー、裕次郎・ひばりや雷蔵なんかは今でもあれだけ・・・」といった話が発端でありました。今回の「好漢・天知茂シアター」がどのくらいの注目を集めることが出来たのかは、今ひとつ把握しきれいていませんが、今後もリアルタイムで天知さんの活躍をご存知の方々、または全く天知さんを知らないような私くらいの年代の方々にも、本当に一般ファンの草の根的な活動ながら、改めて俳優・天知茂の存在と魅力を少しでも伝えていくこと、または再発見してもらえることが出来れば良いなあと考えています。今は終ったばかりで正直燃え尽き感が激しいのですが、反省点や当日お客さんに書いていただいたアンケートなどを踏まえて次回の開催に繋げられればと思います・・・!
posted by かまた at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「好漢・天知茂シアター」本日・明日開催です

以前よりお知らせしております、好漢・天知茂シアター 『南郷次郎探偵帳 影なき殺人者』@ザ・グリソムギャングですが、開催がいよいよ今日・明日(26・27日)となりました!

先日に、27日のトークイベントのゲスト・北町嘉朗さんと事前にお会いして来たのですが、さすがは天知さんと長きに渡ってお仕事はもちろん最良のお話し相手でいらしたお方。イベント打ち合せの合い間に、映画やドラマでの天知さん像からは窺うことの出来ない、素の天知さんのあれこれを快活な口調で語って下さいました。当日も同様に、ここでしか聞けない!というお話がたくさん登場するかと思いますので、ご来場の皆様どうぞご期待下さい。本日26日は上映のみですが、特別にご予約の必要ありませんので、映画は興味あるんだけどトークまでだとちょいと敷居が・・・という方はぜひぜひお越し下さいませ。

スケジュールなど詳細はこちらから↓


ちなみに当方、かまたも今日・明日ともに最初から最後まで現場でうろうろしています。
posted by かまた at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天知茂 | 更新情報をチェックする